じょじょの自分を変える日記

ヘブンズ・ドアで未来を書き換えよう!!

PTAって必要!?

PTAって必要!?

 

任意団体でありながら、加入して当然、会費はとるし、けっこうな活動を課す、ブラック企業やん。。

 

昨年会長を務め今も顧問という立場でいますが、結果、

必要ない!

と思っています。

 

ですが、前提となる「子ども達のために」という考えは必要です。

しかし、無駄な作業が多く、子ども達の為になっていない活動も多い。

改革しようとしても、単年任期では困難。複数年やる気力なし。

親が活動している間、我が子がほったらかし・・

そんな場面をたくさん見てきたし、その度に苛立ちを覚えました。

 

そういえばこんなことがありました。

地域のえらい方から、

「やってあげてるんやから、親であるあなた達がやるのは当然でしょ!」

と言われたこともあり、

「「じゃあ辞めてもらってけっこうです。自分たちでやります。」」

と喉元まできてた言葉を飲み込み反発はしませんでしたが、

言われなくても、そんなことは理解しているつもりやし、親として十二分に感謝しています。

でもそんな風に言われると・・めんどくせー!ってなりません?(^^;

母は専業主婦、父はやればやるほど給料も上がる団塊の世代とは違うんです。

馬車馬のように両親共働きでも、貧しくとはいかなくとも裕福ではないんです。精神的にも。。

そんな中、やる気を出して役員を受けてくれた方々にこれでは・・モチベーションがさがります。

子どもを守るためには、地域の方々の力は絶対必要です。その必要性は感じていますし、我が子が卒業しても地域として関わるつもりでいます。

ですが、そんな方が上にいては、やりたくない、関わりたくないと思いますよね。

 

将来、PTAというものがどういうものになればいいのか?

ここからは私の個人的考えで、ホント極論です(^_^;)

・保護者・地域・教師が進んで参加・協力できる地域になればいい。

・団体である必要もないし、会費もいらない。

・子ども達のために、やりたい人がやりたいことをやる。

 

じゃあ、どうすればいいか?

・PTAの明確化。

活動内容だけでなく、PR・広報が必要で、もっと参加してもらえる仕組みがあればいいと思います。例えば、役員だけで活動するのではなく、事前に関わりたい人=やる気のある人を集める。

・内部改革。

無駄な作業を徹底的に洗い出し効率化を図る。これは周りの賛同が必要な為、まずは同じ考えの人を集め、一緒に役員をする必要あると考えます。(実際、私は反発に合い、変えれませんでしたので・・)

 

あまりおすすめしない改革法。

・会費を使って外部団体に活動を委託。活動としては軽減されるが、学校・子ども達を知らない人がやることに抵抗がある。

役員報酬制。会費をやってもらった報酬として与える。仕事みたい・・

 

 

長々と書きましたが、PTAであれ、学校であれ、地域であれ、どんな形でも、

大人は子ども達が楽しく笑ってくれればそれでいいんです。

子ども達に成長させてもらってるし、たくさんの元気をいつももらっています。

 

昨年5月に個人情報保護法が改正され、PTAも対象となったことで、対応も難しく、さらに厳しく未加入・脱退者が増加するほうへ追い打ちとなっています。

しかし、形はどうあれ、シンプルに「子ども達のために」という考えであれば間違った方向にはいかないのではと思います。