じょじょの自分を変える日記

ヘブンズ・ドアで未来を書き換えよう!!

バドミントン教室(5/31)。

今日は、10時の電話予約でコート確保しました。


5/31の練習内容。

1.グリップの握り再確認

2.両面を使ったシャトルリフティング

3.ロブのトスノック、構え方

4.フリー


[1.グリップの握り再確認]

子どもたちにバドミントンの楽しさは伝わったようなので、基本に戻り、グリップの握り(イースタングリップ)を教えました。


握り方には、おおまかにイースタンウェスタンがあり、一般的に良いとされているイースタンを選択。


確認すると、

長男は比較的できていたが、長女と次男はできておらず。打っている最中、何度となく確認するよう声掛けてました。


[2.両面を使ったシャトルリフティング]

次は、そのまま握りを意識しながらのシャトルリフティング。

飽きないよう、高さを変えるよう変化をつけてみたり、

達成感を持たす為、できるであろう目標を10回に設定しました。


[3.ロブのトスノック、構え方]

次に基礎打ち。

今までは、オーバーヘッドが中心でノックしていましたが、なかなか上手く当たらないこともあり、手投げトスノックでのロブ打ちを取り入れました。


同じタイミングで、

構え方、ガチガチだったので、できるだけリラックスした状態で、大きくラケットを振るを意識させました。


ここまでで約一時間。


[4.フリー]

後半一時間は、希望を聞いて、練習したければ練習を手伝い、試合したければ試合。

と、楽しむことを優先するよう心掛けました。



今日の総評>>

少し指導的側面を出してみましたが、特に嫌がる様子もなく、最後まで意欲的にやってくれました。

できないことへの負けん気は尊重しつつ、私の課題・褒めて伸ばすを実践していきます。