じょじょの自分を変える日記

ヘブンズ・ドアで未来を書き換えよう!!

児童の放課後対策審議会。

昨年9月より、任期2年で、この委員をやっています。

今日は、第6回審議会が開かれ参加してきました。

 

委員になった経緯、

留守家庭児童会保護者会の副会長・会長で2年、さらにPTA会長1年と、多面的に学校に関わってきた実績から、先生の推薦を頂き、就任することとなりました。

 

では、

「児童の放課後対策審議会」

とはなんぞや??

簡単に説明するとこうです。

 

☆3間(仲間・空間・時間)の確保。

 

仲間>>児童会に行っている子も一緒に、

空間>>学校という大きな公園を使って、

時間>>安心・安全な時間を確保しよう!

 

これが基本理念です。

 

放課後の現状、

学校終わって家に帰る子と、児童会に行く子の接点がない。

共働き家庭が増えること、地域の関係が希薄になっていることで、私が子どもの頃と比較しても、親も子も安心して遊ぶことができない環境になっている。

 

実際、子どもに関する事故・事件をニュースでもよく見ますし、私が登録している地域の児童の犯罪お知らせメールも毎日のように配信されています。

 

そこで、

 

学校から帰宅することなく、最長17時まで校内で安全に過ごすことができる。

さらに、児童会に行く必要がなくなる子が出ることで、待機児童対策にもなる。

 

これがこのプロジェクト発足の経緯です。

 

個人的にはこの件に関し、

子どもたちの放課後の過ごし方の選択肢が増え、

大人に監視されることなく自由に遊ぶことができればと願っています。

 

今月18日から、モデル校での実施が開始するので、留守家庭児童会保護者代表として、今後もしっかり様子を見ていきたいと思います。

 

※細かな内容が気になる方は、枚方市のホームページに全て公表されているのでどうぞ。